QS業務入札・発注・工事のコストマネジメント – 株式会社インデックスエンジニアリング
  1. HOME
  2. ソリューション
  3. QS業務入札・発注・工事のコストマネジメント

ソリューション

Solution

QS業務入札・発注・工事のコストマネジメント

QS(Quantity Surveyor)業務

建設プロジェクトにおける工事コストの抑制と発注者の利益向上のために、入札・発注(契約)・工事コストのマネジメントを行います。QS業務は、建設プロジェクトにおける工事コストを計画段階からマネジメントします。
QS業務の中では、VE(Value Engineering)・CD(Cost Down)の手法により、工事コストの適正化を図ります。

QS業務の主な内容

  • 計画段階の工事コストアドバイス
  • 入札資料の作成支援
  • 入札結果の整理・分析、定量的順位評価
  • 工事施工者との工事金額、契約条件等の交渉
  • 実施設計後の精算見積りのレビュー
  • 工事中の品質・性能管理状況の確認およびアドバイス
  • 工事中の出来高確認、変更見積の査定
  • 追加増減工事の妥当性検証と施工者との協議
  • 工事完了時の工事金額の出来高最終確認

VE・CDの手法による工事コストの適正化

  • 基本計画段階では、予算に合わせたVE・CDの提案を実施し、予算範囲内でのグレード(仕様)と工事コストの調整を行ない、クライアントの要望を満足させた形での工事コスト計画を作成します。
  • 実施設計段階では、施工会社からのVE・CD提案を詳細に検証し、クライアントの要望(機能性、デザイン性、耐久性、必要性能等)を満たすように交渉を行い、工事金額を確定します。
  • 工事段階では、設計変更および仕様変更等の工事金額の増減項目に対して、工事金額の妥当性の確認とVE・CD提案によるコストの適正化を図ります。

効果・メリット

多くの実績と最新のデータベースを元に市場価格を把握し、適正な工事コストでの発注が可能となります。
QS担当専門エンジニアにより、工事内容と金額を判りやすく整理し、適正コストを評価します。
基本設計、実施設計、工事の各段階で、クライアントの要望を満たし、かつ、適正な工事金額を確定します。